誰でもできるファスティング!24時間の間欠的ファスティングのやり方を解説

誰でもできるファスティング方法があります。それは、「間欠的ファスティング(IF:Intermittent Fasting インターミッテントファスティング)」または「断続的断食」と呼ばれる方法です。


ファスティング(断食)が初めての方には、挑戦してほしい方法なのでぜひ参考にしてみてください。

間欠的ファスティングの効果について

間欠的ファスティングは、「16時間ダイエット」や「8:16ダイエット」と呼ばれることもあります。これは、1日のうちの8時間だけ食べ、他の16時間は我慢するやり方だからです。


それでは間欠的ファスティングの効果についてお伝えいたします。

デトックス効果

間欠的ファスティングは、ダイエット効果だけでなく、体内の毒素を抜くデトックス効果でお通じが良くなり快便にもつながります。またむくみやすい体質の方は、むくみも取れてファスティングした次の日、身体がすっきりします。

内臓を休ませることで健康体になる

人間は、食事をすることで内臓に負担がかかります。大量の食事をすることで体調を壊す人も多いと思います。それらの原因は全て内臓に負担がかかっているからです。間欠的ファスティングをすることで、内臓を少しの間休ませることで健康を取り戻すことができます。

間欠的ファスティングの注意点

間欠的ファスティングが合わない体質の方もいます。食事を断つということは脳に十分な栄養と糖が行き届かない恐れもあるため、具合が悪くなってしまうケースや気持ちが沈んでしまうケースもあります。一度挑戦してみて身体に合わない場合はすぐやめるべきでしょう。

24時間の間欠的ファスティングのやり方

24時間の間欠的ファスティングのやり方
24時間の間欠的ファスティングのやり方についてもう詳しく解説していきます。

ファスティング中に摂取すべきもの

ファスティング中は、食べ物を我慢する代わりに、水やお茶を飲んで過ごしましょう。水分補給の目安は1日2L摂取してください。ファスティングを始めると水分の排出が増えます。その状態で何もせずにいると、本来必要なはずの水分を失ってしまうのです。頭痛や動悸といったひどい症状が出ないように、しっかりと水やお茶を飲みましょう。

8時間の食事も栄養バランスを考えて摂取しよう

16時間を水やお茶で乗り切ったとしても、8時間で暴飲暴食をしては意味がありません。そこで大量の食事をしたり、体に悪いものばかり食べていると、失敗してしまいます。間欠的ファスティングを成功させるためには、糖質の低いものを選び、たんぱく質や脂肪もバランスよく摂取してください。酵素ドリンクを飲むのも良いでしょう。余分なものを省き、さらに偏りのないメニューにしていけば、健康を崩すことはなくなります。

ファスティング終了後の食事

ファスティング終了後は、実施期間関係なく必ず内臓や胃に負担がかからない食事を選んでください。例えば、お味噌汁やおかゆ、スープなどを選ばれるといいでしょう。

24時間の間欠的ファスティングの成功させるポイント

考えすぎないことが大切
間欠的ファスティングは週3~5日行うのが基本的なやり方です。


スケジュールに合わせて、柔軟に取り組んでいくことが大切です。ファスティング中だからといって、イベントや貴重な休暇まで制限することはありません。生活の中に無理なく取り込むことが重要なので、必要以上に縛りすぎないことがポイントです。

間欠的ファスティングのやり方のまとめ

間欠的ファスティングは、誰でもできるファスティング(断食)方法です。食事ができる8時間をどこに配置するか、始める前にじっくり考えてみてください。ちょうど良いタイミングで食事を抜き、健康を保ちながら継続していきましょう。

編集部厳選の酵素ドリンク3選

断食中の栄養不足を防ぐために酵素ドリンクを飲むことをオススメしています。酵素ドリンクを飲むことで、最低限のカロリーやミネラル、ビタミン等の栄養補給を行うことができ、より安全・安心に断食を行うことができます。

そこで編集部が選んだオススメの酵素ドリンクを3つご紹介します。今回選んだ酵素ドリンクは、栄養価が高く、腹持ちの良い酵素ドリンクです。更に味も美味しく飲みやすい酵素ドリンクのため、断食・ファスティングの初心者の方もとても飲みやすいです。

DanzikiLife編集部

断食(ファスティング)に関するコンテンツを配信するメディア「DanzikiLife」の編集部です!健康的なカラダを手に入れるために役立つ情報を発信していきます。

関連記事