ファスティングって怪しい!本当に効果はあるのか?

‪ファスティングって怪しいイメージがありませんか?‬
‪ファスティングを行うと身体に何が起こるのか、そして本当に効果があるのか解説していきます。‬

そもそもファスティングとは?

ファスティングとは一定期間にわたり、全て(絶食)又は、一部特定の(断食)食物を口にしない、食べない、摂取を断つ事を指します。昔は、宗教的行為とされてきましたが、現代では絶食療法やダイエット目的としても用いられる事も多いです。

内臓機能改善やデトックス効果があるとしてダイエットや便秘解消、肌質改善として注目を集めています。芸能人やモデルなどの有名人から、美に対する意識の高い方々も数多く実践されています。

ファスティングの効果について

ファスティングを行うことで得られる一番の効果は、体内の内臓環境の改善(リセット)です。毎日休むことなく働き続けている内臓(胃、小腸)を休ませます。休ませている間に日頃消化や排出しきれず蓄積されていた分泌物、有害物質を出し切ります。これらのリセット活動をデトックスと言い換える事ができます。

又、デトックス効果により体内でより質の良い栄養吸収が行われ、便秘解消、肌質改善、体重減少など、その他の相乗効果も期待されます。

なぜ身体には毒素が溜まってしまうのか

食物をドロドロに分解し悪い菌を倒してくれる働きを持つ胃が疲れてしまうと、普段分解できるはずの悪い菌が倒せず身体に蓄積されてしまいます。小腸は胃で分解された食物を消化し栄養素を吸収する役割があります。しかし、こちらも胃同様に疲れてしまうと、食物を消化し切れなくなります。

せっかく身体に良いとされているものを意識的に摂取したとしても効果が下がってしまいます。よって、食物が消化し切れず、毒素が溜った重い身体が出来上がってしまうのです。

ファスティングでダイエットできるのか

臓器を休ませる一環としてファスティング行為を行うことで、自然と体重も一時的にでも減少するのでダイエット効果はあると言えるでしょう。しかし、ここで気を付けないといけない事は、ファスティング後の暴飲暴食です。

ファスティング終了後は身体を驚かせないように、お粥などの消化に良いとされているものを少量ずつ、又は、小分けにして食することから始めると良いとされています。

ここを間違えてしまうとリバウンドなどにも繋がってしまうので気を付けたいところです。ですが、ファスティング後のお粥は薄味でもデトックス効果により味覚が正常に機能するため、非常に美味しく感じることでしょう。それを楽しみにファスティングをするのも良いと思います。

ファスティングの種類について

ファスティングには大きく分けて「絶食タイプ」と「断食タイプ」の2つの種類があります。

「絶食タイプ」は、固形物、水分等を一切口にしません。その代わり短期間で行わないと脱水症状や身体を動かすエネルギーまでも無くなってしまう可能性がありますので気を付ける必要があり、1日〜3日程度でも効果はみられるので、無理なく安全に続けられる範囲で実施すると良いと思います。

「断食タイプ」も絶食タイプと同じく固形物は口にしません。その代わり複数回に分けて水や酵素ドリンクなどで、1日に最低限必要なカロリーやビタミン、ミネラルを摂取するというものです。

絶食タイプは、非常に危険で難しいためオススメできません。断食タイプの方が無理なく長期間でも続けやすいです。

ファスティングの期間と回数について

先ほども記載した通り、種類によって一定期間の日数を決めると良いでしょう。実施数日前には、準備期間として朝食を抜いてみたり、軽食にしてみたり、早寝早起き等身体を慣らしておくと良いとされています。

前日、終了後の暴飲暴食はさけ、終了後はゆっくり少しずつ消化の良いものを摂取し、年に4回程度間隔をあけて定期的に実施することが理想とされています。

実施する日程はあらかじめ決めておいて、過度な運動、普段以上のエネルギー消費がない日を選び、1日家に居るよりは、普段通り出勤や外出している方が気も紛れていいかもしれません。

これらの情報によって、ファスティングが怪しいものから、健康的に効果のあるものに意識が変わったかと思います。ファスティングはやり方を間違えてしまうと身体に負担をかけてしまうこともあるので、実践する際は十分に気を付けましょう。

DanzikiLife編集部

断食(ファスティング)に関するコンテンツを配信するメディア「DanzikiLife」の編集部です!健康的なカラダを手に入れるために役立つ情報を発信していきます。

関連記事