ファスティングで便秘が改善される?

「お腹が張っている人」や「お腹の中が消化できていない人」など、便秘の症状に悩まされているのは、特に女性に多いと言われています。便秘は、肌荒れや体調を崩す原因になります。


便秘に悩んでいる人も多いと思います

そんな中で、近年ダイエットとして注目されているファスティング(断食)は、腸内環境を改善し、便秘の解消にも効果があると言われております。今回は、ファスティングによる便秘解消の効果と、ファスティング後に便秘を改善する方法をご紹介していきます。

そもそも便秘になる原因とは

そもそも便秘になる原因とは
便秘には様々な種類がありますが、主に3日以上排便がない状態や、週に3回くらいしか排便しない状態のことを言います。便秘が続くと、肌荒れやむくみ、代謝も落ちるのでダイエットの効果も薄まってしまいます。


便秘になる原因は、普段の生活に問題があることがほとんどです。

例えば「仕事のストレス」「運動不足」「栄養が偏った食生活」「睡眠不足」などが考えられます。普段の生活習慣の乱れから、腸の働きが低下することで便秘になるケースも多いです。

腸の働きが低下すると、肝臓に負担がかかってしまい、代謝機能が落ちてしまいます。代謝が悪い体になると、体の中の老廃物や毒素の排出ができなくなるので、便秘になってしまうのです。

ファスティングで便秘を解消する!実際の効果とは

ファスティングで便秘を解消する!実際の効果とは
ファスティングでは、体の中にある老廃物や毒素を排出するための「デトックス作用」があるので、便秘の解消にも繋がります。その腸壁内に溜まっていっている老廃物は「宿便」と言われ、便秘になる原因にもなっています。


ファスティングは、この「宿便」をきれいに掃除してくれます!

ただし、ファスティングをすることで一時的に便が出にくくなることもあるのです。こちらは「好転反応」と呼ばれるもので、眠気やだるさ、頭痛、便秘などの症状が出てきます。主に、ファスティングをやってこなかった人に起こりやすく、身体が急な変化に対応しようとして起こる症状になります。

ファスティング後にやってみよう、便秘解消に効果的な「梅流し」

ファスティング後にやってみよう、便秘解消に効果的な「梅流し」
「梅流し」とは、便秘の原因になる宿便をごっそりと排出することができるデトックス法になります。ファスティング後の臓器が休まった状態の時に実践することで、腸の中をかなりきれいにすることができ、便秘解消にもつながります。


2日間以上のファスティングした後に実践すると、より高い効果が得られます!

それでは、「梅流しのやり方を解説していきます。

準備するもの

・水
・梅干し
・大根
・だし昆布
・大きめの鍋

他にも検索すると色々アレンジされているものもありますが、最低限この5つがあれば実践できます。

作り方

①大きな鍋に水とだし用の昆布を入れて、沸騰するまで火にかけます。
②大根を皮ごと1cm幅で輪切りにし、先程の①に入れて柔らかくなるまで煮ます。
③串をさして、大根が軟らかくなったら梅干しをほぐして入れて完成です。

宿便を出すための食べ方
①お茶碗一杯に煮汁を入れて飲み干します。
※この時に、一気飲みせずゆっくり時間をかけるのがポイントです。
②梅干しを食べて、さらに煮汁を飲みます。
③大根を食べます。
④煮汁→大根→梅干しの順に、繰り返し食します。

腸の働きを高めるクエン酸を多く含んでいる梅干しと、豊富な食物繊維が含まれている大根を食すことで、胃腸が刺激されるのです。どうしても便が出ない人は、外に散歩に行くなど軽い運動をすると、出やすくなる可能性が高いです。中には、びっくりするくらい宿便が出たという意見もあるので、すぐにお腹のぽっこり感が無くなる人もいます。

注意点

梅流しが終わって宿便が出た後は、胃がきれいになっている状態です。いきなり刺激物や、脂っぽいものを食すと胃に負担が大きくかかるのでやめましょう。アルコールやたばこも控えたほうが良いです。

便秘に苦しんでいる人は、ぜひファスティングと梅流しを試してみてください

便秘は、身体に悪い影響を与え、肌荒れや太る原因にもなるので女性にとっても大敵です。逆にファスティングは便秘解消の要素を含んでいながら、デトックス効果でより健康にもなれる方法になっています。

便秘になりやすい人は、是非一度ファスティングと梅流しを合わせて実践して、腸内環境をリセットし、便秘を解消してみてください。

DanzikiLife編集部

断食(ファスティング)に関するコンテンツを配信するメディア「DanzikiLife」の編集部です!健康的なカラダを手に入れるために役立つ情報を発信していきます。

関連記事