ファスティングには味噌汁が最適!5日間の味噌汁ファスティングを紹介

ファスティングには味噌汁が最適!5日間の味噌汁ファスティングを紹介

「ファスティング中の飲み物は味噌汁がおすすめ!」そんな情報を目にしたことはありませんか?健康や美容に気を使っている方たちの中で話題の「ファスティング」。その中でもファスティング中の飲み物を味噌汁にする「味噌汁ファスティング」が注目を集めています。


ファスティング中の飲み物としては「酵素ドリンク」がよく挙げられます。しかし、酵素ドリンクはお金がかかるしたくさん販売されている酵素ドリンクから選んで注文して…と手間がかかります。

始める前に挫折してしまう人もいるかもしれないですね。日本人の私たちに非常に親しみのある「味噌汁」なら簡単に用意できますよね。用意しやすいだけではなく、ファスティングで味噌汁を飲むとメリットがたくさんあります。今回は「味噌汁ファスティング」について詳しく見ていきましょう!

【関連記事】ファスティングに使用する市販の酵素ドリンクおすすめ16選【2021年最新版】

ファスティングには味噌汁が最適?効果・やり方は…

味噌汁ファスティングとは?
ファスティング中に飲むのは味噌汁がおすすめです。なぜ、ファスティング中の飲み物は味噌汁が良いのでしょうか。ファスティング中に味噌汁を飲んだ際の効果ややり方をみていきましょう。

味噌汁ファスティングとは?効果は?

そもそも、味噌汁ファスティングとはファスティング(断食)の中の一つの方法です。最近ポピュラーになってきた「ファスティング(断食)」とは、数日間に渡り固形物の食事を断って消化器官を休めることを言います。ファスティングをすることで消化器官の働きが活発になりデトックス効果が表れます。ダイエットや美肌など健康や美容にたくさんの良いことが起こるので男女問わず挑戦する方が多いです。


味噌汁ファスティングでは、ファスティングと同様で食事の代わりに3食味噌汁を飲んで過ごします。酵素ドリンク酵素サプリは種類が多すぎますし、高価なものも多いです。

味噌汁であればスーパーなどで安価に手に入れられます。普段使っているものを使用しても構いません。手間がかからず、ダイエットや美容に非常に効果があるので味噌汁ファスティングが注目されているのです。

味噌汁に含まれる栄養素

味噌は大豆と米、または麦を原材料として作られています。タンパク質・脂質・ビタミン・炭水化物・ミネラル・アミノ酸などが豊富に含まれており、昔から健康に良いとされています。

【味噌汁に含まれる栄養素】

  • たんぱく質:コレステロールを下げる
  • ビタミンB:眼精疲労などにも効果的
  • ビタミンE:老化防止や血液循環を良くする
  • 酵素:消化の助けになる
  • イソフラボン:肌にも効果的
  • レシチン:動脈予防になる
  • 食物繊維:大腸がん予防にも効果的

味噌汁を飲むことでファスティング中でも栄養を補給しながら行うことができます。

5日間の味噌汁ファスティング|レシピや味噌汁の量は?インスタントはNG?

味噌汁ファスティングのやり方と日数
では、5日間かけて行う味噌汁ファスティングについて詳しく見ていきましょう。5日間と言っても5日間食事を抜くわけではありません。ファスティングには準備期間、ファスティング期間、回復期間が必要です。3つの期間をトータルして行う味噌汁ファスティングについて解説していきます。

味噌汁ファスティングの味噌汁のレシピは?量は?

具体的なスケジュールを見ていく前に味噌汁ファスティングで飲む味噌汁の作り方を見ておきましょう。味噌汁ファスティングで飲む味噌汁のレシピなどはあるのでしょうか。また、作り方や量も気になりますよね。


実は味噌汁ファスティングで飲む味噌汁の絶対的な作り方はありません。一番大切なのは「具を入れない」ということです。ファスティングは身体の中の消化器官を休ませることが目的ですのでファスティング中は一切の固形物を断ちます。あとはいつも通りの味噌汁の作り方で構いませんが、一般的な味噌汁のレシピをご紹介します。

【用意するもの】
・水400ml~700ml(適量)
・昆布
・味噌(大さじ2)

たったこれだけです。


手順としては、まず用意したお水で昆布だしをとります。昆布だしをとってお水に具は入れず大さじ2の味噌のみをゆっくりと溶くと出来上がりです。これだけの手間で完成するのでとっても簡単ですよね。また、ファスティング期間中に摂取する味噌汁は目安として1.5~2リットルが良いとされています。

5日間の味噌汁ファスティングのやり方

具体的な5日間の味噌汁ファスティングのやり方を見ていきましょう。簡単にまとめると、1日3食を具なしの味噌汁に置き換えるだけですが段階を踏むことが非常に大切です。

ファスティングには「準備期間」「ファスティング期間」「回復期間」が必要です。それぞれの期間について詳しく見ていきましょう。

5日間の味噌汁ファスティング~①準備期間~

「準備期間」とは、固形物を断つ前にだんだんと食事を減らし身体を慣らす期間です。味噌汁ファスティングを行う2日前から徐々に食事量を減らし消化の良いものを摂ります。目安としては、普段の食事の7割くらいを心がけると良いです。


準備期間を設けず突然ファスティングを始めてしまうと身体が驚き体調不良を起こす危険性があります。最初の1、2日で徐々にファスティングの状態に身体を慣らすようにしましょう。

5日間の味噌汁ファスティング~②ファスティング期間~

準備期間を終えると、味噌汁ファスティング期間に入ります。ファスティング期間中は具なしの味噌汁とお水だけを摂取して過ごします。味噌汁にはたくさんの栄養素や腸内環境をよくする成分が入っています。ファスティング中に味噌汁を摂取することでさらに美容や健康への効果が期待できます。


お水だけでファスティングするより美味しい具なし味噌汁を飲むほうが頑張れそうですよね。味噌汁には栄養素がたくさん入っているので一石二鳥です。また、ファスティング期間中には低血糖の症状などがでてめまいがしたり手足が震えることがある場合があります。

その際は、「黒飴」を舐めて糖分を補いましょう。もっとも、その際に甘いガムを噛んだり甘い炭酸水を飲むことは避けましょう。他にも貧血、立ちくらみ、吐き気などの体調不良が表れることがありますが「好転反応」の場合が多いです。


実際に好転反応が起こっているのを感じる方も多いようです。しかし、好転反応は身体の状態が良い方向へ向かっている際に出る一時的な反応ですので心配いりません。

しばらく横になるなど安静にしたり黒飴を舐めてみましょう。休んでも治まらない場合はファスティングを中断し、医師に相談しましょう。

5日間の味噌汁ファスティング~③回復期間~

数日間の味噌汁ファスティング期間を終えると「回復期間」に入ります。回復期間とは、ファスティングの状態から徐々に通常の食事へ戻す期間を言います。他のファスティング方法と一緒で味噌汁ファスティングでも回復期間が非常に大切です。


断食を終えた後の身体は栄養の吸収が非常に良くなっています。突然、普通食に戻してしまうとダイエット効果が期待できなくなります。さらに、消化器官へも大きく負担がかかります。

ファスティング直後は、汁物や流動食から体を慣らしていきましょう。自分で準備食や回復食を用意するのが難しい方は下記の記事を参考にしてみてください。
面倒くさがりさん必見!コンビニで買えるファスティングの準備食と回復食5選

味噌汁ファスティングを実際に行われた体験談もぜひ参考にしてください。
【体験談】3日間の味噌汁ファスティングを行った感想

ファスティング中の味噌汁はインスタントでもいい?

ファスティング中、味噌汁を作ることを面倒に思う方もいらっしゃるかもしれません。その際「インスタント」の味噌汁を使用したいと考える方も多いと思います。


インスタントの味噌汁は非常に便利ですが商品によっては塩分量が多い場合があります。できる限りご自身で作る方がよいでしょう。

手軽に挑戦できる味噌汁ファスティングでキレイに!

今回は、味噌汁ファスティングについて解説しました。長期のお休みなどに5日間の味噌汁ファスティングに挑戦するのもありですね。味噌汁には嬉しい栄養素がたくさん含まれており、ファスティング中の味方と言えます。味噌汁も有効に使いながら良いファスティングライフをお過ごしください。

より安全にファスティングを行いたいときは、酵素ドリンクを使用しましょう。酵素ドリンクを飲むことで、最低限のカロリーやミネラル、ビタミン等の栄養補給を行うことができ、より安全・安心にファスティングを行うことができます。

編集部が選んだオススメの酵素ドリンクを3つご紹介します。今回選んだ酵素ドリンクは、栄養価が高く、腹持ちの良い酵素ドリンクです。更に味も美味しく飲みやすい酵素ドリンクのため、断食・ファスティングの初心者の方もとても飲みやすいです。

関連記事