今日からできる味噌汁断食!ダイエット効果や美肌効果もあり!

断食をしてみたいけど厳しい食事制限は自信がない、そう考えている方におすすめなのが「味噌汁断食」です。本記事では味噌汁断食の内容やメリット、具体的な方法など、味噌汁断食に興味がある方に役立つ情報を詳しくご紹介します。

味噌汁断食とは

味噌汁断食とは、その名の通り、味噌汁を飲みながら行う断食のことです。断食というとまずイメージされるのは、何も食べないという方法ではないでしょうか。しかし、全く何も食べない断食は非常にストイック。

空腹感のあまり体調を崩したり、断食修了後に反動で食事量が爆発的に増え、一気に体重が増加してしまったり、さまざまなリスクがあることも確かなので、気軽に行うにはややハードルが高いと言えます。

ほかには、酵素ドリンクや野菜スムージーなどを飲みながら行うファスティングも断食の一種です。ただ、断食用のメニューを作り慣れていない人にとっては手間だと感じるかもしれません。作るのが面倒くさくなってしまうと、失敗に繋がる可能性が高くなります。

そこでおすすめしたいのが味噌汁断食です。味噌汁は普段の食卓でもよく登場するメニューの1つ。作り慣れているので簡単に用意でき、また味噌汁を飲める分、完全に食事を抜く断食と異なり空腹を紛らわすことができます。断食初心者でもチャレンジしやすい断食、それが味噌汁断食です。
今話題の味噌汁ファスティングのやり方をご紹介

味噌汁断食のメリット

それでは、味噌汁断食のメリットをもう少し詳しく見てみましょう。

簡単に作れる

前項でも触れましたが、味噌汁は日本人にとって非常にポピュラーな料理。断食に関係なく毎日作っているという方も多いでしょう。普段作り慣れた味噌汁を断食に活用するだけなので手間もかからず簡単です。ダイエットのために特別に用意する物もありません。忙しくてなかなかダイエットまで手が回らないという場合でも、手軽に始めやすいと言えます。

完全に食べ物を断つより実行しやすい

これも前項でも触れましたが、味噌汁を飲む分、全く食べない断食より挑戦しやすいという点も大きなメリットです。断食の目的は食物の摂取を減らし、胃腸を休めることにあります。だからと言って、全く食事をせず過ごすのは辛いもの。あまりにもストイックに断食を行うと、体調不良や過食を招き、結果的に断食をした意味がなくなってしまう危険性もあります。しかし、味噌汁を飲みながらであれば、完全に食べ物を断つより幾分断食が楽になるでしょう。

飲みやすい

酵素ドリンクやスムージーなどの味が苦手という方もいるでしょう。その点、味噌汁は馴染みのある味なので飲みやすく、ストレスになりにくいです。
【体験談】3日間の味噌汁ファスティングを行った感想

ダイエット効果や美肌効果が期待できる

断食に興味がある方の中には、断食にダイエット効果を望んでいる方も少なくないでしょう。実際、食物の摂取量が減るため、味噌汁断食を行うことで、ダイエット効果が期待できます。また、断食で胃腸を休ませることにより、老廃物の排出が盛んに行われ、結果美肌に繋がる可能性もあります。

味噌汁断食の方法

さまざまなメリットのある味噌汁断食。ここでは具体的な味噌汁断食の方法を説明します。断食を行う際は基本的に準備食・断食・回復食の3ステップが重要になりますが、味噌汁断食でもそれは同じです。順を追って各ステップをみていきましょう。

準備食

断食の前日は断食を行う準備として、胃への負担が少ない食事を3食取ります。油分の少ない和食などがおすすめです。野菜多めを意識すること、また腹八分程度に押さえて満腹状態を避けることもポイントです。

断食

準備食の翌日から味噌汁断食を始めます。方法はとても簡単。具材無しで味噌汁を作り、食事代わりに飲むだけです。味噌は糖質の低い赤味噌や豆味噌などがおすすめです。

なお、味噌汁だけでは水分量が足りないので、味噌汁とは別に1.5~2L程度の水も取るようにしましょう。
また、味噌汁だけの期間は1~3日間としてください。

回復食

味噌汁断食を終えたからといって、すぐ通常の食事に戻すのは危険です。食事をとっていない状態の胃に一気に負担がかかり、体調を壊してしまう可能性があります。

徐々に通常の食事に戻すため、断食の翌日は回復食として、胃にやさしい食事を少量ずつゆっくりとりましょう。具入りの味噌汁やスープ、お粥などがおすすめです。
ファスティング後の回復食に味噌汁がよい理由とは?効果のある味噌汁レシピも紹介

味噌汁断食を行う際の注意点

間違った方法で行うと体調を崩してしまう危険がある

誰でも気軽にできるヨガ断食ですが、何の知識もなしに始めるのは危険です。断食をするためには準備期間と本断食、回復期間という3つの期間を設ける必要があります。いきなり一切食事を摂らない生活をしてしまうと身体に負担がかかり、体調を崩してしまうこともあるので注意してください。

初めての方は、いきなり長期間の断食をするのではなく、半日から1日程度のプチ断食から始めてみるとよいでしょう。もしくは、断食を行っている施設を利用して、専門家のアドバイスを受けながら行うのもおすすめです。

いきなりハードなメニューを取り入れないようにする

少しでも早く効果を出したいと思い、いきなりハードなメニューでヨガ断食を行う方もいます。しかし、初心者の方は無理なく続けられるメニューから始めるほうがよいでしょう。

ヨガも様々な運動があるので、ハードなものは避けてゆっくりした動き、体への負担が少ないポーズから始めてみてください。

味噌汁断食で心身ともにヘルシーになろう

手軽に始められる味噌汁断食。注意点を理解した上で行えば、さまざまな効果を実感できるかもしれません。また、断食をした後の食事はいつもとは違う美味しさが感じられるもの。普段食べ慣れた物の美味しさを改めて確認する意味でも断食は有効でしょう。ぜひこの記事を参考に、味噌汁断食でヘルシーな心身を目指しましょう。

DanzikiLife編集部

断食(ファスティング)に関するコンテンツを配信するメディア「DanzikiLife」の編集部です!健康的なカラダを手に入れるために役立つ情報を発信していきます。

関連記事