失敗しないファスティング方法!ファスティングのやり方を徹底解説

ファスティングは、ダイエット効果や便秘改善効果、美肌効果があるとして、女性に人気が出ています。芸能人やモデルの方も取り入れています。


しかし、間違ったやり方をしてしまうと体調が悪くなってしまったり、リバウンドする可能性が高くなってしまいます。この記事ではそうならないためにも知っておきたいファスティングの正しいやり方を紹介します。

そもそもファスティングって何?

そもそもファスティングって何?
ファスティングとは「断食」を意味する言葉です。一定期間固形物を食べずに飲み物だけで生活をすることで、胃をはじめとする消化器官を休ませるのがファスティングの目的と言えるでしょう。

ファスティングはダイエット目的で行われることも多いですが、元々消化器官の状態は肌の状態にも大きく影響するので肌質を良くすることができるというメリットもあります。

しかし、間違った方法でファスティングを行ってしまうと、逆にリバウンドをしたり、体調を崩したりすることもあります。


ファスティングは正しい方法で行い、断食期間が終わった後の食事の摂り方にも注意する必要があるでしょう。

ファスティングの正しいはじめかたは?

ファスティングの正しいはじめかたは?
それでは失敗しないファスティングの正しいはじめかたをチェックしましょう。ファスティングをはじめるにあたっては計画を立てることが大切です。


ファスティングは自分ができる範囲内の期間にしないと、体調を崩したり、逆に終えた後の食事量が一気に増えてリバウンドしたりしてしまいます。そうならないためにも初めてなら半日~1日程度からスタートし、そこから慣れてきたら断食期間を伸ばしましょう。

女性の場合は生理が終わってから1週間以内に行う

ファスティングは、生理が終わってから1週間以内に行うのが良いと言われています。元々生理が終わってから排卵日までの間がエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが最も分泌されます。

このエストロゲンは、中性脂肪の代謝・自律神経を整えるために必要なホルモンと言われています。

「生理が終わってから一週間程度はダイエットするのにベストなタイミング」とよく言われるのは、このエストロゲンが大きく関係しています。ファスティングだけでなく、ダイエットをする場合もこの時期が狙い目です。

ファスティングをはじめる前の準備

ファスティングははじめる前の準備がとても大切になります。いきなりファスティングをはじめてしまうと空腹状態になりやすいです。そのためファスティングをはじめるにあたっては、1~3日程度準備期間を設けたうえで取り組みましょう。

準備期間は、カフェイン・肉・魚・乳製品・アルコール・インスタント製品など消化器官への負担になる食べ物は避けましょう。

おかゆなど消化器官への負担が少ない食べ物を中心に摂取したうえでファスティングに取り組めば無理なく取り組めます。また、万が一普段から食べすぎが気になる人なら準備期間を長めに取り、少しずつ食事量を減らしたうえでファスティングに取り組むのがおすすめです。

ファスティングには酵素ドリンク使用する

ファスティングは、3食を酵素ドリンクに置き換え、それに加えて1日2リットル以上の水分を摂取しましょう。酵素ドリンク以外のものに置き換える人もいますが、酵素ドリンクは元々ファスティング向けに開発された製品であるため、ファスティングで食事を摂らないために不足してしまう栄養をカバーできるように作られています。

他の食事で不足する栄養をカバーするのは、難しいのでなるべく酵素ドリンクを用意しましょう。ファスティングを終える時は、いきなりいつも通りの食生活に戻ると消化器官への負担が大きくなってしまいます。

そのため、断食期間を終えたら2~3日程度回復食期間を設けるのが一般的です。回復食期間は準備期間同様、おかゆなど消化器官への負担が少ない食事を中心にすることで少しずつ慣らしていきましょう。

ファスティング用の酵素ドリンクを選ぶにあたっての注意点

ファスティング用の酵素ドリンクは様々なメーカーから発売されています。それでは、どのメーカーのものを選べば良いのでしょうか。酵素ドリンクの選び方についてもチェックしておきましょう。

酵素ドリンクに関しては、自分の口に会うものを選びましょう。断食期間中は食事を摂らないことにより、味覚も敏感になりやすいです。

口に合わないものを選んでしまうとファスティングが続かない可能性があります。サンプルやトライアルキットなどお試し用の商品が用意されていることも多いので、すぐに酵素ドリンクを決めるのではなく、一度試してみて美味しいと思えるものをファスティングに使いましょう。

間違ったファスティングのやり方はリスクが大きい!

間違ったファスティングのやり方はリスクが大きい!
ファスティングは、間違ったやり方で取り組んでしまうと失敗してしまいます。そこで良くあるファスティングの失敗例も知っておきましょう。

食事を減らすだけでなく適度な運動も大事

ファスティングを「食事を減らすだけで痩せることができるダイエット」と勘違いしている人は多いです。しかし、ファスティングは普段と比べて摂取するカロリーが大幅に減るので筋肉も落ちやすいというデメリットがあります。

筋肉が減ると代謝が落ちるので、ファスティングを終えた後に太りやすい体になってしまい、ファスティングが逆効果となる可能性も高いです。そうならないようにもファスティングをする際は適度な筋トレも行いましょう。

断食後の食べすぎに要注意

断食期間を終えた後に「やっと食事が摂れる」という開放感から食べすぎてしまう人は少なくありません。特に同居人がいる人だとファスティングをしていない人と同じ食事を摂取するので、いきなり普段通りの食生活に戻ってしまったり、普段以上に食べすぎてしまうことがあります。

しかし、いきなり脂っぽいものや甘いものを食べてしまうと胃をはじめとする消化器官への刺激が強すぎてダメージを受け、お腹が痛くなるなど体調不良を引き起こしてしまいます。

それだけでなく先ほど解説した通りファスティング前よりも代謝が落ちているので断食を終えた後の大食いは太りやすいです。そうならないためにも胃に負担が少ないものから少しずつ食事量を増やすのが良いでしょう。

ストレスにも注意

断食は体力面以上に精神面でのストレスが大きいです。そのためイライラしたり、街を歩いている時などに食べ物の匂いにいつも以上に敏感になったりしてしまいます。

イライラしていると仕事など生活に影響が出てしまうでしょう。そうならないためにもファスティングをはじめるにあたっては無理のない範囲で行うべきです。

元々少食な人などは丸1日断食を行ってもそれほど負担に感じないかもしれませんが、そうでない場合は昼食1食分だけを酵素ドリンクにするのを3日間程度続けるなど自分のペースで行いましょう。

ファスティングは正しい知識を身に付けてからはじめよう!

ファスティングは短期間で効果が出やすいですが精神的にも体力的にも負担が大きいダイエット法です。実際に痩せようと思ってファスティングをはじめてみても失敗してしまう人は少なくありません。

そのためファスティングをはじめるなら、まず正しいファスティングの方法を身に付けましょう。その上でスケジュールを立てて、無理のない範囲ではじめましょう。
話題の〇〇ファスティングとは!?種類別のやり方をご紹介!

編集部厳選の酵素ドリンク3選

断食中の栄養不足を防ぐために酵素ドリンクを飲むことをオススメしています。酵素ドリンクを飲むことで、最低限のカロリーやミネラル、ビタミン等の栄養補給を行うことができ、より安全・安心に断食を行うことができます。

そこで編集部が選んだオススメの酵素ドリンクを3つご紹介します。今回選んだ酵素ドリンクは、栄養価が高く、腹持ちの良い酵素ドリンクです。更に味も美味しく飲みやすい酵素ドリンクのため、断食・ファスティングの初心者の方もとても飲みやすいです。

DanzikiLife編集部

断食(ファスティング)に関するコンテンツを配信するメディア「DanzikiLife」の編集部です!健康的なカラダを手に入れるために役立つ情報を発信していきます。

関連記事