ヨーグルトファスティングの効果は?やり方や使用すべきヨーグルトなど徹底解説!

ヨーグルトファスティングの効果は?やり方や使用すべきヨーグルトなど徹底解説!

今、「ヨーグルトファスティング」が注目されています。水だけのファスティングでは長続きしない人や飽きてしまった人にはおすすめのファスティング方法です。


今回はヨーグルトファスティングのやり方と効果について詳しく解説します。

【関連記事】断食後の回復食にヨーグルトは使用できる

ヨーグルトファスティングの効果とは?

ヨーグルトファスティングの効果とは?
美容やダイエットに効果的と言われるファスティング(断食)ですが、最近では色々なファスティング法あります。その中でも注目されているのがヨーグルトファスティンです。ヨーグルトには豊富な乳酸菌やタンパク質が含まれており、その栄養素を摂取しながらファスティングする事で腸内環境も整い痩せやすい体づくりが可能となります。


ヨーグルトファスティングは、胃腸を中心に内臓器官を休ませて、活性化させることにより自然治癒力を高めます。内臓を休ませることで、内蔵機能の向上や体に溜まった毒素をデトックスできます。ヨーグルトファスティングをすることで少量の食事でも満足できるようになります。そのため太りにくいカラダを作ることでダイエット効果も期待できます。


ヨーグルトにふんだんに含まれる乳酸菌によって腸内環境を整えます。腸内環境を整えることでお通じも良くなり、さらに腸内環境が整うとお肌もキレイになります。


何も食べないファスティングでは、筋肉量が低下しやすい傾向があります。筋肉をエネルギーとして燃焼してしまいます。筋肉量が落ちてしまうと基礎代謝まで落ち、ファスティング前よりも痩せにくい身体になってしまいます。

しかし、たんぱく質をきちんと補給し続けるヨーグルトファスティングなら筋肉量が維持できます。効率的で健康にファスティングを行えます。

ヨーグルトファスティングに使用するべきヨーグルトは?

ヨーグルトファスティングに使用するべきヨーグルトは?
ヨーグルトファスティングには、ギリシャヨーグルトを使用しましょう。ギリシャヨーグルトは、高タンパク質且つ低カロリーなので、美容や健康のどちらにもプラスの作用をもたらします。

またギリシャヨーグルトは、クリームチーズのようなクリーミーさもあり、食べ応えもあるので満腹感も得られます。一般的な水やドリンクだけのファスティングと比べて、空腹感がないため挫折もしにくいです。


カルシウムが含まれているので、体が脂肪を溜め込もうとするのを防いでくれる働きがあります。さらに基礎体温を上げる働きもあるので、より代謝が活発になり脂肪燃焼を促しやすくしてくれます。

ヨーグルトファスティングのやり方について

ヨーグルトファスティングのやり方について
ヨーグルトファスティングのやり方について「開始前」、「ファスティング期間」、「回復期間」と分けて解説していきます。

ヨーグルトファスティングをはじめる前に

ヨーグルトファスティングをはじめる前に少し準備期間が必要になります。急にファスティングに入ると低血糖になったり、内臓に負荷がかかります。ファスティング前には、軽く消化の良いおかゆや野菜スープなどを食べておきましょう。または、和食の定食を腹六分に食べるのも良いでしょう。

ヨーグルトファスティングの期間中の過ごし方

ヨーグルトファスティングの期間中の過ごし方を解説します。1日3回、100~200gのヨーグルトを食べましょう。空腹で苦しい場合には、間食にもヨーグルトをプラスしてもかまいません。

または、1食につき200~300gの野菜スムージーを飲む方法もあります。「なぜ野菜スムージーをセットで飲むか?」というと野菜スムージーを一緒に飲む事でより整腸効果を促す働きがアップします。またこの期間は脱水を避けるため1日2Lを目標に飲むようにしてください。

ヨーグルトファスティング中は、軽いウォーキングをしたり、精神的に負担にならないような音楽や映画をみたりして、なるべくリラックスして過ごしましょう。ファスティング期間は4日間までがおすすめです。それ以上になると、モチベーションが維持しづらくなりリバウンドの危険性が増すと言われています。

ヨーグルトファスティング後の過ごし方(回復期間)

ヨーグルトファスティング後は必ず回復期間を設けましょう。回復期間は、ヨーグルトファスティングの中で一番重要なポイントです。胃が空腹に耐えその反動で暴飲暴食を起こしやすい状態になっています。

ファスティング中ずっと休んできた胃腸に急に重い食べ物を送り込むことで、胃腸を痛めることにもつながります。回復期間中の食事は、胃に負担が少ないおかゆや具なしの味噌汁、おかゆなど徐々に固形物を増やしていきましょう。

無理をしてヨーグルトファスティングを行わない

無理をしすぎないこともヨーグルトファスティングを行う上で大切なポイントです。あまりにも体調が悪いと感じたら、無理をして続けず、回復食に入ってくださいね。

風邪や生理中など、体調が万全でないときはやめておきましょう。ヨーグルトファスティングを上手に利用して、心も身体もイキイキとした生活を目指しましょう!

【関連記事】ファスティングには味噌汁が最適!5日間の味噌汁ファスティングを紹介

断食ライフでは、ファスティング中の栄養不足を防ぐために酵素ドリンクを飲むことを推奨しています。酵素ドリンクを飲むことで、最低限のカロリーやミネラル、ビタミン等の栄養補給を行うことができ、より安全・安心に断食を行うことができます。

編集部が選んだオススメの酵素ドリンクを3つご紹介します。今回選んだ酵素ドリンクは、栄養価が高く、腹持ちの良い酵素ドリンクです。更に味も美味しく飲みやすい酵素ドリンクのため、断食・ファスティングの初心者の方もとても飲みやすいです。

関連記事