ヨーグルトファスティングの効果は?やり方や使用すべきヨーグルトなど徹底解説!

ヨーグルトファスティングのやり方について

ヨーグルトファスティングのやり方について
ヨーグルトファスティングのやり方について「開始前」、「ファスティング期間」、「回復期間」と分けて解説していきます。

ヨーグルトファスティングをはじめる前に

ヨーグルトファスティングをはじめる前に少し準備期間が必要になります。急にファスティングに入ると低血糖になったり、内臓に負荷がかかります。ファスティング前には、軽く消化の良いおかゆや野菜スープなどを食べておきましょう。または、和食の定食を腹六分に食べるのも良いでしょう。

ヨーグルトファスティングの期間中の過ごし方

ヨーグルトファスティングの期間中の過ごし方を解説します。1日3回、100~200gのヨーグルトを食べましょう。空腹で苦しい場合には、間食にもヨーグルトをプラスしてもかまいません。

または、1食につき200~300gの野菜スムージーを飲む方法もあります。「なぜ野菜スムージーをセットで飲むか?」というと野菜スムージーを一緒に飲む事でより整腸効果を促す働きがアップします。またこの期間は脱水を避けるため1日2Lを目標に飲むようにしてください。

ヨーグルトファスティング中は、軽いウォーキングをしたり、精神的に負担にならないような音楽や映画をみたりして、なるべくリラックスして過ごしましょう。ファスティング期間は4日間までがおすすめです。それ以上になると、モチベーションが維持しづらくなりリバウンドの危険性が増すと言われています。

ヨーグルトファスティング後の過ごし方(回復期間)

ヨーグルトファスティング後は必ず回復期間を設けましょう。回復期間は、ヨーグルトファスティングの中で一番重要なポイントです。胃が空腹に耐えその反動で暴飲暴食を起こしやすい状態になっています。

ファスティング中ずっと休んできた胃腸に急に重い食べ物を送り込むことで、胃腸を痛めることにもつながります。回復期間中の食事は、胃に負担が少ないおかゆや具なしの味噌汁、おかゆなど徐々に固形物を増やしていきましょう。

無理をしてヨーグルトファスティングを行わない

無理をしすぎないこともヨーグルトファスティングを行う上で大切なポイントです。あまりにも体調が悪いと感じたら、無理をして続けず、回復食に入ってくださいね。

風邪や生理中など、体調が万全でないときはやめておきましょう。ヨーグルトファスティングを上手に利用して、心も身体もイキイキとした生活を目指しましょう!

【関連記事】ファスティングには味噌汁が最適!5日間の味噌汁ファスティングを紹介

断食ライフでは、ファスティング中の栄養不足を防ぐために酵素ドリンクを飲むことを推奨しています。酵素ドリンクを飲むことで、最低限のカロリーやミネラル、ビタミン等の栄養補給を行うことができ、より安全・安心に断食を行うことができます。

編集部が選んだオススメの酵素ドリンクを3つご紹介します。今回選んだ酵素ドリンクは、栄養価が高く、腹持ちの良い酵素ドリンクです。更に味も美味しく飲みやすい酵素ドリンクのため、断食・ファスティングの初心者の方もとても飲みやすいです。

1

2

関連記事