ファスティングとダイエットはイコールではない!?ダイエットとの違いを解説

ファスティングは、断食を意味します。ファスティングを行うことで、食事によって発生する様々な体の働きを一時的に休ませることが可能です。消化器官を休止させることで、健康や美容にアプローチします。ファスティングのメリットやデメリット、ダイエットとの違いを詳しく解説します。

ファスティングとダイエットの違い

近年では「ファスティング道場」「プチファスティング」といった言葉も増え、ファスティングを良く耳にするようになりました。ファスティングは、日本語で断食という意味です。ある一定期間の間、食事を摂らない健康法になります。

健康や美容に効果的だとメディアに取り上げられたり、SNSで話題になったりとブームを起こしていますが、ファスティング自体は古代から治療の一つとして用いられてきました。

ファスティングにはダイエット効果が期待できるため、ファスティングとダイエットを混同していることが多く見られます。この2つは目的が異なりますので、違いをしっかりと把握しておきましょう。ファスティングは、断食を行います。食事をストップすることで、消化器官を休ませデトックスを促すのが目的です。ファスティングは様々な効果があり、結果的に痩せるということになります。

これに対してダイエットは、痩せること、体重のコントロールが目的になります。つまりファスティングとダイエットは、もともと目的から違うということです。ファスティングダイエットという言葉が使われることもあるため、2つを同様に扱うケースもあります。

ダイエットのためにファスティングを行う人も多いため、全くの間違いというわけではありませんが、実際は全く別の意味と目的を持っているので覚えておきましょう。

ファスティングのメリットやデメリット

食事を控えることで健康を保つことができるといったファスティングの考えは、昔から受け継がれてきたものです。決まった期間、固形物を摂取しないことで、消化器官を休めることができます。

さらに、人間が本来持っている自然治癒力を高めたり、体の中に蓄積された老廃物を排出したりすることが可能です。断食といっても固形物をひかえるだけで、水分の摂取はOKになります。

水や専用のドリンクなどを飲みながらファスティングすると、脂肪燃焼も期待できるためダイエットとして活用する人もいるのが特徴です。

ファスティングのメリット

ファスティングのメリットは、手軽さです。特別な器具や場所はファスティングには必要ありません。ファスティング中の飲み物に最適だと人気なのが酵素ドリンクです。ファスティングに酵素ドリンクを利用する場合などにはドリンク代が必要ですが、それ以外は、ほとんど必要ないため費用も安くすみます。

コストをできるだけおさえたい人に最適な方法です。食事を控えることで胃が小さくなり、食事の量を自然と減らすことができたり、デトックス効果によって肌のコンディションが改善されたりします。ファスティングすることで、一度体をリセットすることが可能です。体内環境を整え直すことで、免疫力が高まり、心も自然と落ち着くことが期待されています。

特にファスティングに注目が集まっているのが、脂肪燃焼効果です。ファスティングすることで、一時的に体内のエネルギーが減少します。すると体は必要なエネルギーを作り出すために、体の脂肪をエネルギーに変換して補おうとします。この働きによって健康的に痩せることができると評判です。

ファスティングのデメリット

ファスティングのデメリットは、お腹が空くということです。断食するので当然ですが、空腹を我慢することが必要になります。水分はノンカフェインのドリンクであれば飲むことができますが、固形物はすべてNGです。食べるのが好きな人は慣れるまでは空腹を我慢できないケースも見られます。

またファスティングを成功することばかりに執着して、無理をしてしまうのは逆効果です。自分の体調と向き合いながらファスティングを進めましょう。途中で挫折しても失敗ではありません。問題点を考慮してファスティングの方法などを見直し、もう一度トライすればいいだけです。

ファスティング中に「好転反応」が出て、体調が悪くなることもあります。一般的な症状としては、頭痛や眠気、かゆみなどです、体がデトックスを行う際に見られる反応であり、しばらくすると落ち着きます。もし症状が回復せずに辛い場合には、すぐにファスティングを中止してください。

またファスティングは、16歳未満の成長期の子供や60代の高齢者には適しません。栄養不足を起こす危険性があるので実行しないようにしましょう。その他には、ファスティングの後にリバウンドしてしまうことがあります。

リバウンドしてしまう場合には、ファスティング完了後の過ごし方を間違えていることが多いです。ファスティングは断食期間だけではなく、断食を始める前後の過ごし方も適した方法があります。正しい方法でファスティングを実行することが成功のポイントになりますので注意してください。

正しいファスティングの方法とは?

正しいファスティングの方法は、まず断食前の過ごし方から始まります。普段の生活から、いきなり断食を実行するのは体に負担がかかりすぎるため厳禁です。まずは断食の2日前〜1週間前から準備期間として、食事の摂取を控えていきましょう。食事の量を腹八分から徐々に腹六分程度まで減らして調整していきます。

食事のメニューも野菜を意識的に摂り、消化の良いものを食べるように心がけます。ファスティングの期間は、いきなり長期間に挑戦するのではなく、半日や1日といった短い期間から始めるのがオススメです。また、女性の場合には生理周期に合わせ、生理後にファスティングを行うのが最適なタイミングになります。断食中は固形物を摂取しません。水分はOKですが、カフェインを含むドリンクはNGです。

栄養を補える酵素ドリンクやスムージーなどを活用しましょう。断食終了後は、復帰期間として消化の良いおかゆや具のないスープなどから食事を開始します。すぐに普段の食事に戻すのではなく、徐々に時間をかけて戻していくのがリバウンドを防ぐポイントです。

ファスティングは正しい方法でスタート!

ファスティングはコストもかからず、簡単に始めることができる健康法の一つです。ただし、ただ断食するだけでは正しいファスティングとは言えません。ファスティングを成功させるためには、断食の前後の期間も正しいやり方で過ごしましょう。

ファスティングの正しいはじめ方

DanzikiLife編集部

断食(ファスティング)に関するコンテンツを配信するメディア「DanzikiLife」の編集部です!健康的なカラダを手に入れるために役立つ情報を発信していきます。

関連記事