月曜断食はいつからはじめればいいの?やめどきはいつ?

月曜断食はいつからはじめればいいの?やめどきはいつ?

月曜断食が気になっているけど、なかなか一歩踏み出せない…」という方も多いのではないでしょうか。そんな方のために月曜断食のはじめるタイミングとやめどきについてご紹介します。

月曜断食って何?

月曜断食って何?
月曜断食とは、1週間のはじめの月曜日のみ「食事を一切摂らず24時間水のみで過ごす」という断食方法です。手軽にできるダイエット方法として人気があります。


断食中は、1.5〜2リットルを目安に水の摂取を摂取しましょう。「お茶はダメなの?」と思われるかもしれませんが、カフェインが含まれているお茶は控えましょう。断食中にカフェインを摂取することにより身体に負荷がかかってしまいます。水以外の飲み物を飲みたい時は、「ハーブティー」や「酵素ドリンク」を飲みましょう。

月曜断食は断食日・良食日・美食日に分けられる

月曜断食は断食日・良食日・美食日に分けられる
1日のみ断食したからといって残りの6日間に暴飲暴食していたら元も子もないですよね。そのため月曜断食「断食日」「良食日」「美食日」の3つの期間に分かれています。

月曜日 断食日。食事を摂らずに水のみで過ごす。
火〜金曜日 良食日。
朝、果物とヨーグルト。昼、おかずのみ(肉・魚OK)。
夜、野菜中心(蒸し野菜・スープ・サラダなど)。
土〜日曜日 美食日。
炭水化物を含めメニューに囚われず好きなものを食べててOK。
アルコールも可。

良食日は少し食事に制限がありますが、美食日は好きなものを食べることができ、飲料に関しては美食日はアルコールもOKです。ただし、美食日にはルールがあり、1食の量はこぶし2個分に収めましょう。少ないと思われるかもしれませんが、断食日、良食日により胃が縮小しているので、少ない量でも満足できると思います。

そして、断食日の次の日は吸収率が上がっているため絶対に美食日にしないでください。また、月曜断食中は他のダイエットと同じく運動も併せて行っても大丈夫です。

月曜断食って「月曜日」じゃなきゃいけないの?

月曜断食という名前ではあるものの、仕事や子育てといった様々な生活スタイルにより「月曜日に断食ができないという方もいると思います。その場合でも、やり方に変わりはありません。

月曜日に断食ができないといっても、1週間のどこかの曜日に断食日を設定して、他の6日間は良食日と美食日に分けられれば問題ありません。

月曜断食はいつから始めればいいの?やめどきは?

月曜断食はいつから始めればいいの?やめどきは?

月曜断食をはじめるタイミング

思い立ったが吉日です!最初に必要なものは、月曜断食をやりたいという意思のみです。早速始めてみましょう!


最初はお腹が空いたり不快感があると思いますが、数日で効果が出ないからといって決して途中で辞めたりはしないでください。効果は数日では表れません。いつもフル稼働の内臓に休みを与える感覚が大事です。

月曜断食のやめどきはいつ?

月曜断食のやめどきは、「あなたの目標が達成できた時」です。例えば、「目標体重まで痩せたのでやめる」などです。ただし、月曜断食に大切なことは、月曜断食のやり方を守ることです。

早く効果が欲しいからといって、断食日を伸ばしたりすることはやめましょう。まずは1ヶ月続けてみましょう!個人差もありますが、身体に変化が現れるはずです。

1ヶ月続けて効果を見てみましょう

月曜断食はやり方は1週間の1日のみ食事を摂らず水分のみ(1.5〜2リットル)で過ごすだけです。「断食日」「良食日」「美食日」の3つの期間で1週間を過ごします。

効果には、個人差があるので、とりあえず1ヶ月続けて効果を見てみましょう。あまりストイックになりすぎないで試してみてください。体調が悪くなった場合は、すぐに止めるようにしましょう。

月曜断食のメリットとデメリット!誰でもできる月曜断食のやり方と効果を解説

関連記事

  1. 月曜断食が「リバウンドしない」というのは嘘!?リバウンドをする原因や気をつけるポイントは?

    月曜断食が「リバウンドしない」というのは嘘!?リバウンドをする原因や気をつけるポイントは?

  2. 月曜断食のメリットとデメリット!誰でもできる月曜断食のやり方と効果を解説

    月曜断食のメリットとデメリット!誰でもできる月曜断食のやり方と効果を解説

  3. 断食をゆるく始めたい人は「月曜断食」がおすすめ!

    断食をゆるく始めたい人は「月曜断食」がおすすめ!