コンビニで買えるファスティングの準備食と回復食

ファスティングの成功を左右するのが、「準備食」と「回復食」です。ファスティング期間中に一生懸命頑張っても、終わったとたんに好きな食べ物や脂っこい食事をしてしまってはリバウンドしてしまいます。

準備食や回復食はコンビニで手軽にご用意できます!今回は、コンビニで買えるファスティングの準備食と回復食を紹介します。

ファスティングの準備期間と回復期間

ファスティングの準備期間と回復期間
ファスティングは「準備期間」「断食期間」「回復期間」の3つの期間を設けるのが一般的です。本格的なファスティングを始める前の準備期間で食事の内容や量を調整することで、「これからファスティングを始めますよ」と体に知らせることができます。

ファスティング前に脂っこいものや甘いものを食べてしまうと、断食を始めても消化が終わらず、胃腸をしっかりと休ませることもできません。ファスティングの効果を最大限に出すためには、本番で「ただ食べない」というだけでなく、準備期間で準備食を食べるということが大切です。

ファスティングを成功させる上でとても重要なポイントです!

また、断食の後は脂肪分をため込みやすい状態になっているだけでなく、空腹が続いていた内臓は非常に敏感な状態です。そのため、断食の後に暴飲暴食をしてしまうと健康的に良くないですし、リバウンドして全てが台無しになってしまう可能性があります。

準備期間で準備を整え、そして回復期間を設けることでリバウンドを防ぎ、健康な状態を維持できるようになります。

リバウンドしないファスティングとは?ファスティング後の食事方法について

準備期間の注意点

いきなり断食を始めると体がビックリして体調を悪くしてしまう恐れがあります。そうならないために、食事の量を減らしつつ、ヘルシーな食事を意識し、胃腸の様子を整えていきましょう。

準備期間は、ファスティングと同じ日数を行うのが理想です。例えば、3日間断食するときは、準備期間も3日間かけて行いましょう!

期間中は高タンパク質、高脂質、塩分の多い料理を避けて、消化に優しい食物繊維が豊富な食品を食べるようにしましょう。いくら良質なものを食べたとしても、食べ方が悪いとかえって体に負担がかかるので、食べ過ぎないようにしましょう。

食べ物をしっかり噛むことで消化をよくし栄養の吸収を助けることができるので、よく噛んで食べることが大切です。ファスティング前日は塩分や固形物を控え、おかゆなどの流動食のみにし、夜20時までには食事を済ませておきましょう。

回復期間の注意点

回復期間の目的は、胃腸の状態を元に戻すことです。断食後はエネルギーを蓄えやすくなっているので、重湯やおかゆといった柔らかく、消化が良いものからスタートしていくことが大切です。

肉、卵、乳製品などの動物性タンパク質は急に食べると消化不良を起こす可能性があります。

最初は薄味の回復食から始め、徐々に元の食事に戻していきましょう。回復期間も準備期間と同じく、ファスティングと同じ日数を行うようにします。

また、アルコール、タバコ、カフェイン摂取は胃を強く刺激するので、期間中は極力避けるようにしなければなりません。

断食の回復食でよくある失敗!回復食の注意点とは?

準備食や回復食は「まごわやさしい」を意識する

健康に良いと世界から注目されているのが和食です。「まごわやさしい」とは、健康的な和の食材の頭文字をとったものとなっています。

  • 「ま」は豆類
  • 「ご」はごまなどの種子類
  • 「わ」はわかめなどの海藻類
  • 「や」は緑黄色野菜
  • 「さ」は魚全般
  • 「し」はシイタケなどのキノコ類
  • 「い」は芋類

まごわやさしいは健康的な食卓の合言葉なので、準備食、回復食で何を食べたらいいのかわからない時は、これらの食品の中からチョイスするようにしましょう。

ただし、和食は塩分と糖分が多いので、味付けは濃くし過ぎないようにすることが大切です。

コンビニで買えるおすすめの準備食と回復食

コンビニで買えるおすすめの準備食と回復食
食べてない期間がファスティングの本番で重要と思われがちですが、最重要なのは準備期間や回復期間で何を食べるのかということです。ただ何を食べたらいいかわからない、料理を毎日作るのが大変という人も中にはいるでしょう。

そんな時に重宝するのが、コンビニで手軽に買える健康食です!コンビニ商品の中には、準備食と回復食に適したものもあるので、料理が苦手な人や料理をする時間がない人はぜひ活用してみましょう。

レトルトのおかゆ

レトルトのおかゆ
胃腸の調子が悪い時にはおすすめなのが「おかゆ」です。準備期間や回復期間は固形物を避け、おかゆのようなできるだけ消化に良いものをたべることが大切です。レトルトのおかゆはコンビニやスーパーなどで簡単に入手することができます。少しお湯を足して煮込み、うわずみの部分(重湯)だけ食べるとより断食後の優しい回復食になるでしょう。

インスタントみそ汁

インスタントみそ汁
みそ汁ファスティングというものもあり、みそ汁のみそには酵素がふんだんに含まれているので、消化や吸収がスムーズになります。最初は具なしを選択し、徐々に豆腐やわかめ、大根やネギなどの消化に良いものに変えていくのがコツです。塩分が気になるので、減塩タイプのものを選ぶのがおすすめです。

豆腐

豆腐
豆腐は、体に絶対必要な栄養素であるたんぱく質を多く含んでいます。動物性たんぱく質は消化にエネルギーを要するのでおすすめできませんが、豆腐に含まれているのは「植物性たんぱく質」なので準備食や回復食にピッタリです。豆腐には優れた美容効果があるので、女性は特に回復食として摂取したい食材です。湯豆腐にすることで体がポカポカとあったまり、更にダイエット効果や美容効果がアップします。

納豆

納豆
納豆もみそ汁と同じく酵素を含んでおり、また、たんぱく質が豊富なので準備食や回復食に向いている食材です。また、納豆は手に入れやすく、食べやすいというのも高ポイント。納豆は粒の大きさによって栄養が変わります。ひきわり納豆は大豆を細かくしており、発酵が進みやすいので最も消化に良いです。固形物だと消化活動の負担になるので、できるだけ小粒であるひきわり納豆を選ぶようにしましょう。

おでんの大根

回復食に慣れてきて、固形物を食べても大丈夫な時はおでんの大根がおすすめです。大根は消化を促進する複数の酵素が含まれています。柔らかく煮た野菜は栄養価も良く、胃腸の働きをサポートしてくれるので、おでんの大根は準備食や回復食にピッタリです。

ファスティングの準備食や回復食はコンビニでOK

コンビニ食の中にはファスティング時の栄養バランスを整えることのできるものもあるので、料理を作るのがめんどくさい人は活用してみましょう。

ただ、コンビニにはたくさんの商品が売られており、美味しそうなお弁当やお菓子などの甘い誘惑があるので気をつけなければなりません。

ファスティングに合う回復食レシピ10選

林文乃

ファスティングを通じた、栄養学や食事指導など行っています。無理をしないファスティング方法をお伝えします。

関連記事