【体験談】古民家ファスティング3日間|スケジュール・やり方・効果・体重の変化

私は、運動を辞めてから7キロ体重が増え、運動を再開しても減量できませんでした。

肉の着ぐるみを着ているような感覚になり、自分に自信も持てずつらい毎日を過ごしていました。色々なダイエット方法を調べていると、「ファスティング(断食)」を見つけました。

ファスティングには多くの種類がありましたが、「古民家での超小食ファスティング」に挑戦しました。そして、無理せず楽しく7キロの減量に成功しました!

現役時代の体重に戻った今は、精神的にも肉体的にも自信を持って楽しく暮らしています。

今回は、古民家での超小食ファスティング3日間についての実体験をお話していきます!
スケジュール・やり方・効果など具体的に記していくので是非参考にしてください。

古民家ファスティング(3日間)を選んだ理由・値段

ファスティングをネットで調べていくと、まず「お寺で行う修行としての断食」に辿り着きました。

お寺での断食は、断食中水だけをいただくという大変強い精神力を必要とする内容でした。次に、辿り着いたのは「都会のホテルでのファスティング]です。

こちらは、特製のジュースを一日数回摂取する方法で気軽に行えそうな気がしました。しかし、ホテルの一室で一日中一人でいるのは気が滅入ると感じ、さらに他の方法を検索しました。

そこで見つけたのが古民家での超小食ファスティングです。

古民家であれば、非日常感が味わいながら楽しくファスティングできるのではないかと思いました。ネットから簡単に応募することが可能でしたのですぐに申し込みました。

私が参加したプランは、2泊3日(6食付)30,000円(税別)のものでした。普通に旅行で宿に泊まるよりも少し安価ですよね。

「超小食ファスティング」は、規則正しい生活を送りながら特製スムージーなどで食事制限をし、ゆっくりとファスティングする事をいいます。

水だけ摂取する修行のような断食とは大きく異なり、完全に食事を断つことがありません。

古民家での超小食ファスティングとは?

今回行った超小食ファスティングでは、

  • 朝は「植物性ヨーグルトと特製スムージー」
  • 昼食、夕食は「発酵薬膳」

をいただきます。

超小食ファスティングは、身体にも心にも無理なくダイエットすることができます。ファスティングが初めての方や厳しい断食を断念してしまった方にもオススメできる方法です。

古民家ファスティングの3日間~1日目~

ファスティング開始当日、少し緊張しながら電車で約2時間の滋賀県の琵琶湖沿いの古民家へ向かいました。最寄駅から市営バスで10分ほどのバス停で今回お世話になる宿主さんがお出迎えしてくれます。

15時に今回ファスティングを行う古民家に辿り着きチェックイン。

ファスティングを行う古民家は、ご夫婦で営んでいる風情を感じる素敵な場所でした。風情を感じる古民家は非常に落ち着き、緊張もすぐに解けました。

荷物を置き、少し休憩したところでオリエンテーションと個別カウンセリングを受けます。

宿主さんによるオリエンテーションと個別カウンセリング

まずは、ファスティングを始める前のオリエンテーションと個別カウンセリングです。
古民家でのファスティングでお世話になる宿主さんは「[断食指導歴25年の実績を持つ専門家」でした。

「ファスティングに関する一切をお任せください」と言われ、非常に心強かったです。

カウンセリングでは、
✓運動を再開しても減量できない原因
✓ファスティングを始める動機
✓現在の心身の様子
✓ファスティングのスケジュール
などを話しました。

マンツーマンでのカウンセリングなので、私の話も親身に聞いてアドバイスをくれました。客観的な視点からの意見は、自分で気づけない事が多く参考になります。

また、お話していく中で宿主さんが古民家でファスティングを始めた理由を尋ねると、「ファスティングをゆったりと寛いで出来ることを大切にしたかったから」と仰っていました。

確かに、自然豊かな古民家にいる間は、穏やかに過ごす事ができ日々のストレスからも解放されました。

古民家ファスティング1日目の夕食

カウンセリングを終えたあと、夕食までは近くの琵琶湖や川辺を散策して過ごしました。

琵琶湖と緑に囲まれた場所で、日常を忘れ穏やかに過ごすことができました。散策中お腹がすいてしまわないか不安でしたが、超小食ファスティングへのワクワクでまだ空腹を感じる事はありませんでした。

夕方5時ごろに古民家へ戻ると、超小食夕飯が用意されていました。

【ファスティング1日目の夕食】
✓発酵おかず2品
✓サラダ
✓味噌汁
✓発酵玄米ご飯

それぞれが、美しい漆塗りの器に上品に盛り付けられていました。

お味噌汁は見るだけで栄養たっぷりだと分かり、どのおかずも美味しそうでした。しかし、「超小食」だけあって、いつもの私であれば一瞬で完食してしまうような量です。

「一口入れたら、100回噛みましょう」という宿主さんの指導を思い出し、忠実に守りました。

心の中で数えながら噛んでいると、食材の味が増して伝わり唾液もしっかりと出てきました。

しかし、まだゆっくり食べる事に慣れておらず5分ほどで食べ終えてしまいました。まだ緊張感があるからか、1日目はその後空腹感を感じる事はありませんでした。

宿主さんのファスティング入門講座~就寝まで

夕食後、夜19時頃からは宿主さんからファスティング入門講座を受けました。

「超小食」を行うことの意義やファスティングの説明などが用意されたテキストを元に講座を受けました。

何も知らずにファスティングをするのとしっかりと意味を感じながらするのでは大違いです。

20時頃、綺麗に清掃されているお風呂にゆっくりとつかりました。入浴後、22時には就寝の時間になります。

普段ならば、だらだらとテレビを見て夜更かししがちですが古民家の部屋にはテレビはありません。

久しぶりにテレビ無しでのんびりとした時間を過ごすと、心地よい眠気が来たのですぐに眠ることができました。

ちなみに、Wifiは無料で使用することができるので部屋でスマホを触ることは可能です。

古民家ファスティングの3日間~2日目~

古民家ファスティング2日目の朝食

古民家で行う超小食ファスティングでは、食事時間がきっちり決まっており規則正しい生活を送ります。2日目の朝は、いつもよりスッキリ目覚める事ができ、心なしか身体も軽い気がしました。洗顔などを済ませた後、部屋でくつろいでいると朝8時ごろ朝食が運ばれてきました。

【ファスティング2日目の朝食】
✓植物性ヨーグルト
✓特性スムージー

カレーは、もちろん量は「超小食」仕様です。

しかし、「発酵薬膳」の効果なのか「自家製食材」の良さなのか少しの量でも満足できました。昼食でも宿主さんの指導を守り、一口100回を目標によく噛み時間をかけ食べます。

ゆっくりと食べることにも慣れ、昼食は15分をかけて完食しました。

ファスティング2日目の夜、体重の変化は…

宿での超小食の食事以外は、外出することも可能でした。

もっとも、宿の食事以外に何かを食べることや激しい運動をすることは避けなければなりません。ファスティング中は、自分が思っている以上に体力が落ちているそうです。

なので、体調は良く元気でしたが激しい運動などは行っていません。

2日目の夜は、宿主さんから自宅へ戻った後の食事や生活についての指導を受けました。この3日間で得たものを無駄にしないようにするために指導頂いたことをしっかりと頭にいれました。

2日目の夜の入浴後に体重計に乗るとすでに2キロ減っていました!

「超小食」とはいえ、1日3回食事をとっているのですでに2キロ減っていることに驚きました。日常生活を送りながら2キロを健康的に落とすのは少し努力が必要です。

心身共にリラックスしながら無理なく2キロ減量できたのでこの時点でファスティングの効果を感じました。

古民家ファスティングの3日間~3日目~

古民家ファスティング3日目の朝食

【ファスティング3日目の朝食】
✓植物性のヨーグルト
✓特性スムージー

3日目の朝食も2日目の朝食と同じものを頂き、10時頃チェックアウトの時間になりました。

帰り際に宿主さんから「昼食はこの発酵玄米おむすびのみにしてください。今晩の夕食も学んだように小食にしてくださいね。」と昼食用の大きめのおむすびを頂きました。

充実した3日間に満足しながらお世話になった古民家を後にし、自宅への帰路につきました。

ファスティング3日間を終えた体重の変化は…

自宅に戻り、就寝前に体重をはかったところファスティング前よりも3キロも減っていて驚きました。
一人で食事制限や運動をしても一向に達成できなかった数字です。

無理なく健康的に3キロの減量でき、心のデトックスにもなった超小食ファスティングに挑戦して良かったと心から思いました。

【結論】超小食ファスティング3日間はオススメ!

古民家ファスティングで3キロの減量に成功した後も、食事量など宿主さんの指導を守り生活しました。

すると、数か月かけて最終的には7キロの減量に成功することができました!

運動をやめ増加してしまった分のダイエットに成功し、肥満になる前の体重に戻すことができました。当時の体型に戻り、規則正しい生活を送るようになったので現在も充実した毎日を過ごしています。

超小食ファスティングの利点

超小食ファスティングはダイエット目的の方が多いですが、「適食を身体に思い出させる」機会になります。減量目的だけではなく、拒食症や過食症の方への適食指導にもなるようです。

普段、たくさん食べる方にとって最初は相当量が少なく感じるかもしれません。しかし、ファスティングが進むとその量で充分だと感じることができます。

今回は、3日間の短期で行いましたが
✓もっとストイックに断食に集中したい方
✓40日間のファスティングに挑戦したい方
などなど、ファスティングのプロが一人一人に併せて臨機応変に対応してくれます。

超小食ファスティングは無理なく、ゆっくりと身体をリセットできるファスティングです。

ファスティングを知り尽くした宿主さんのもとでゆったりとするファスティングに皆さんも挑戦してはいかがでしょうか。

3日間の断食するとカラダは変わる?「3日間断食」のやり方と効果について

編集部厳選の酵素ドリンク3選

断食中の栄養不足を防ぐために酵素ドリンクを飲むことをオススメしています。酵素ドリンクを飲むことで、最低限のカロリーやミネラル、ビタミン等の栄養補給を行うことができ、より安全・安心に断食を行うことができます。

そこで編集部が選んだオススメの酵素ドリンクを3つご紹介します。今回選んだ酵素ドリンクは、栄養価が高く、腹持ちの良い酵素ドリンクです。更に味も美味しく飲みやすい酵素ドリンクのため、断食・ファスティングの初心者の方もとても飲みやすいです。

DanzikiLife編集部

断食(ファスティング)に関するコンテンツを配信するメディア「DanzikiLife」の編集部です!健康的なカラダを手に入れるために役立つ情報を発信していきます。

関連記事