ファスティング期間中にコーヒーは飲んでもいいの?それともダメ?

健康のためにファスティングをするとなれば、安易に固形物は口にできません。そんなときは、飲み物だけでも好きにチョイスしたくなるものです。ファスティング期間中にコーヒーは飲んでもいいのでしょうか?


ここではファスティング期間中のコーヒーについて説明していくので、普段よく飲む人はチェックしてみてください。

ファスティング期間中のコーヒーは胃腸への負担が大きい

ファスティング期間中のコーヒーは胃腸への負担が大きい
コーヒーは、基本的に胃腸に優しくない飲み物です。刺激が強いため、空腹時に飲んだときは、少し胃痛や不快感を感じることもあります。これは、胃酸が増えてしまうからです。コーヒーの中のカフェインが過剰な分泌を促し、胃が荒れていきます。ファスティングの効果を下げることになるので、なるべくコーヒーは控えるようにしてください。

ファスティングでは、胃腸に休息を与えることが重要になります。しっかりと休めることで、免疫力アップなどのメリットが得られるのです。ところが、コーヒーを飲んでいると、休息の効果が弱まってしまいます。刺激が強すぎるために、内蔵をゆっくり休ませることができません。過剰に分泌された胃酸が、余計なダメージを蓄積させてしまいます。

したがって、刺激のある飲み物は避けるべきです。胃腸に負担をかけない上手なファスティングをするなら、できる限りコーヒーは我慢しましょう。水やお茶であれば、胃腸を休めながらの断食が可能になります。コーヒー好きだと物足りなく感じるものですが、刺激の少ない飲み物に慣れることも大切です。

コーヒーの利尿作用よる水分不足に注意

コーヒーの利尿作用よる水分不足に注意
コーヒーには利尿作用があるため、飲むとトイレが近くなります。これもファスティングにはよくありません。水分を体外へ放出しすぎることで、本来必要な分まで失う恐れがあります。

水分不足になると「めまい」や「頭痛」といった症状を引き起こす可能性があります。

普段コーヒーを飲むときは、そこまでのデメリットはありません。悩むとしても尿意を我慢する時間が増えるくらいです。しかし、ファスティング期間中は、水分摂取には十分注意してください。

ファスティング期間中のコーヒーは代謝の低下に繋がる!?

ファスティング期間中のコーヒーは代謝の低下に繋がる!?
ファスティング期間中にコーヒーを飲み過ぎると代謝が悪くなっていきます。そうなるとエネルギー消費が捗りません。エネルギーがなかなか消費できず、体内にとどまってしまうため、痩せにくくなるのです。ファスティングをダイエットのために行うなら、代謝の低下には注意してください。

これもコーヒーの利尿作用が影響する要素です。水分が不足していると、水溶性のビタミン、ミネラルなどを効率よく吸収できません。これらを摂取できないことが代謝の低下に影響を及ぼします。必要な成分を失わないためにも、コーヒーはできるだけ我慢しましょう。

ファスティングで胃腸を休めることは、代謝の向上にもつながります。食事量の制限に加え、エネルギー消費も活発にすることで、ダイエット効果を高めるわけです。しかし、胃腸を刺激しすぎて休息を妨害すれば、代謝の向上ができません。

ファスティングを効果的に行うためには、水や酵素ドリンク、スムージーなどの刺激の少ない飲み物を優先しましょう。

ファスティング中にコーヒーのデメリットを抑えながら飲む方法

ファスティング中にコーヒーのデメリットを抑えながら飲む方法
コーヒーのデメリットがわかっていても、人によっては飲みたくなることがあります。すっかり習慣になっている場合、急にやめるのは苦しいものです。無理にゼロにすると、強いストレスを感じ、諦めの気持ちが湧いてくることもあります。


失敗しないためには、デメリットの少ない飲み方も知っておきましょう。それは、ノンカフェインかつ無糖にすることです。そうすることで胃酸の過剰分泌や利尿作用を抑えられます。砂糖を入れずに飲めば、ダイエットの邪魔になることもありません。


リスクを防ぎながら、コーヒーの風味だけを楽しめるのです。とはいえ、油断してがぶがぶ飲むのはNGです。ファスティングを成功させるためには、普段よりも量を減らしましょう。

少量ずつ飲み、さらにゆっくりと減らしていくことが、断食中の最適な飲み方になります。飲まなければデメリットは最小限になるので、コーヒーなしの生活に慣れることが大切です。急に止めることはできなくても、徐々に慣らす方法ならハードルは下がります。

コーヒーがないとストレスがたまる人は、ゆっくりと無理のない制限をしていきましょう。自分のペースで取り組んでいけば、挫折を避けられるようになります。

まとめ

コーヒーはファスティングに不向きな飲み物なので、できれば一切飲まないようにしてください。基本的には水を飲み、飽きるようならお茶も加える方法がおすすめです。

お茶にも利尿作用があるので飲みすぎは禁物ですが、カフェインのような刺激はありません。しかし、無理に我慢してすぐ諦めるようでは、目標の達成ができなくなります。どうしても我慢できないときは、デメリットを抑える方法で少しだけ飲んでいきましょう。

DanzikiLife編集部

断食(ファスティング)に関するコンテンツを配信するメディア「DanzikiLife」の編集部です!健康的なカラダを手に入れるために役立つ情報を発信していきます。

関連記事