ファスティングはリバウンドする?リバウンドしてしまう原因と対策方法!

ファスティングはリバウンドする?リバウンドしてしまう原因と対策方法!

ファスティングには、ダイエットや美肌、便秘改善などの効果があります。しかし、間違ったやり方をしてしまうとリバウンドしてしまうというデメリットもあります。


ファスティングでリバウンドしてしまう原因や対策方法を事前に把握しておきましょう。きちんと対策をしていれば、ファスティングのリバウンドは防ぐことができます。

【関連記事】断食の回復食でよくある失敗!回復食の注意点とは?

ファスティング後にリバウンドする原因は?

ファスティング後の食べ過ぎはリバウンドになりやすい
ファスティング後にリバウンドしてしまう主な原因は食べ過ぎです。ファスティング後は、普段よりも吸収するエネルギーが多くなります。その状態で大量のエネルギーを摂取すると普段以上に太りやすくなります。


ファスティング後は、消化のよい食べ物を食べるようにしましょう。ファスティング期間が終わったからと言ってすぐに普段の食生活に戻すのではなく、徐々に内臓の調子を取り戻していきましょう。

ファスティングのリバウンドを防ぐためのコツとは?

ファスティングのリバウンドを防ぐためのコツとは?
ファスティングのリバウンドを防ぐためのコツは、消化のよい「回復食」を食べることです。回復食とは、エネルギーの過剰摂取が起こらないように胃腸の働きを整える食事のことです。回復食を食べることはリバウンドを防ぐ上で効果的な対策になります。

ファスティング後のおすすめの食事は「お粥」です。お粥は、消化がよく胃腸に優しいのでリハビリにはもってこいです。肉や油、味の濃い料理などは刺激が強すぎるので、まずは質素な食事で慣らしていきましょう。


ファスティング後の食事は、動物性タンパク質の食べ物を避けるようにしましょう。ファスティングをした後に肉や魚などの動物性タンパク質を食べると、胃酸の分泌が促されてしまいます。

ファスティング後のリバウンドを防ぐための食事対策

ファスティング後のリバウンドを防ぐための食事対策
ファスティング後にリバウンドしないために回復食を食べる期間は3日間以上設けましょう。ファスティング終了直後の食事は、重湯から始めましょう。まずは消化の良い重湯で内臓に負担がかからない水分と糖分を効率よく吸収します。


その後の食事からは、おかゆと具なしの味噌汁を食べるようにしましょう。味噌汁はできるだけ薄味にします。塩分が欲しい場合には梅干しを食べるようにします。2日目からおかゆと消化の具入りの味噌汁や野菜スープを摂りましょう。

豆腐、きのこ、玉ねぎ、大根などの消化によい野菜を使用することがポイントです。2日目の夕食から温野菜や納豆やひじきの煮物を小鉢で取り入れていきましょう。3日目からご飯を食べれるようになります。2日目の食事にプラスして、お茶碗の3分の1ほどのご飯を食べましょう。

食べる時のポイントは、ゆっくり噛んで食べることです。よく噛むことで内蔵への負担を抑えることができます。さらによく噛むことで満福中枢を刺激できるため、食べすぎの防止にも繋がります。

ファスティングに合う回復食レシピ10選

リバウンドするゼッタイ食べてはいけない食べ物!

リバウンドするゼッタイ食べてはいけない食べ物!
ファスティング後にリバウンドするゼッタイ食べてはいけない食べ物をご紹介します。避けるべき食べ物は、下記になります。

  • アルコール
  • コーヒー
  • 揚げ物
  • バター・チーズなどの乳製品
  • ドレッシング

また注意したいのが味付けです。マヨネーズやスパイスなどの濃い調味料や刺激が強い食べ物は避けましょう。味噌や少しの塩、ポン酢や醤油などの調味料を使用するようにしましょう。赤ちゃんの離乳食のような食事を意識すると、リバウンドを防ぎながらカラダを戻していけます。


「回復食を作るのが自信がない」という場合には回復食の通販を利用するのもおすすめです。通販では、おかゆや野菜スープなどを販売しているため食事を作る手間がなくなります。

ファスティングの準備食や回復食に使えるオススメの食事宅配サービス!

リバウンドしないためにはストレスも発散しておく

体重の数字を気にしすぎない
ストレスが溜まると食欲が爆発することがあります。体重や体脂肪率は、ダイエットをしていると必要以上に意識してしまいます。しかし、それはストレスをためる原因のひとつです。


特にファスティング期間中に比べて、回復食の期間は体重が下がりにくくなっています。体重や体脂肪率ばかりを気にしていると精神的に自分を追い詰めてしまいます。それを防ぐためには、こまめに見ないことも大切です。数字を深く考えず、なるべく気楽に取り組んでいきましょう。

適度な運動もリバウンドを防ぐためには効果的

適度な運動もリバウンドを防ぐためには効果的
ファスティング中に激しい運動やトレーニングはよくありません。しかし、終わったあとなら特に問題はありません。積極的な運動で代謝を上げましょう。筋トレや有酸素運動を行えば、体がエネルギーを消費をしやくなります。代謝をあげることで太りにくいカラダを作ることができます。

回復食だけでなく、運動の効果もうまく利用して体型を維持していきましょう。ただし、運動に慣れていない人は、無理にハードな運動をしてはいけません。むやみに負荷の高いトレーニングをすると怪我をする可能性が高いからです。まずは、簡単なウォーキングでも構わないので自分にできることから始めていきましょう。

ファスティング後は回復食を食べてリバウンドを防ごう!

ファスティングを成功させるためには、その後の回復食が重要となってきます。いきなり普段の食事に戻すのではなく、回復食で徐々に慣らしていきましょう。

ファスティングの成功と失敗はこの回復食が担っていると言っても過言ではありません。リバウンドさせないようにファスティング後の食事には特に気をつけましょう。

面倒くさがりさん必見!コンビニで買えるファスティングの準備食と回復食5選

関連記事

  1. ファスティングに挫折しそうになったらやるべきこと!

    ファスティングに挫折しそうになったらやるべきこと!

  2. 3日間の断食するとカラダは変わる?「3日間断食」のやり方と効果について

    3日間の断食するとカラダは変わる?「3日間断食」のやり方と効果について

  3. 酵母と酵素の違いは?ファスティングにはどちらが向いている?

  4. ファスティング中にイライラしてきたらやるべきこと3選

    ファスティング(断食)中にイライラしてきたらやるべきこと3選

  5. 酵素サプリメントを活用してファスティング!酵素サプリの効果やおすすめは?

    酵素サプリメントを活用してファスティング!酵素サプリの効果やおすすめは?

  6. ヨーグルトファスティングの効果は?やり方や使用すべきヨーグルトなど徹底解説!

    ヨーグルトファスティングの効果は?やり方や使用すべきヨーグルトなど徹底解説!