自宅で酵素ドリンクって作れるの?自家製酵素ドリンクの作り方

酵素ドリンクという言葉を耳にしたことがあると思います。ダイエットやファスティング(断食)を行なっている女性を中心に人気なドリンクです。しかし、販売されている酵素ドリンクは、3,000〜6,000円と値段が高いというネックがあります。そこで少しでも節約できるように酵素ドリンクの作り方をご紹介します。

「えっ!酵素ドリンクって作れるの?」と思った方もいるかもしれません。実は、比較的簡単に自家製酵素ドリンクは作ることができるんです!ぜひ、みなさん作ってみてください。

自宅での酵素ドリンクの作り方

自宅での酵素ドリンクの作り方
酵素ドリンクは、お店でも買うことができますが自宅で作ることもできます。芸能人や海外セレブも自分で作っている人がいるので憧れている人も多いと思います。そもそも、酵素ドリンクとは、食材を自然にある発酵菌や自分の体にある菌で発酵させてできたシロップを水やソーダで割ったものです。

使用する材料

使う材料は、野菜やフルーツと砂糖だけなんです。これらを、手で混ぜて作ります。もともと、手についている微生物などが容器の中で混ざることで発酵します。お好きな野菜やフルーツを使用しましょう。季節に合わせて変えてみるのもよいでしょう。そうすることで季節感を楽しむことができます。甘すぎるのが苦手な人は、レモンなどの柑橘系の果物を使うとよいでしょう。

1種類でも作ることができますが、数種類入れた方が酵素をとることができます。砂糖は、上白糖(じょうはくとう)をおすすめします。その理由は、上白糖の浸透圧で食物中の酵素が抽出されます。容器の中で酵素が上白糖をえさにして増殖し、ブドウ糖に変えます。ただし黒砂糖は、ミネラルが多く含まれているので発酵に向きません。


酵素ドリンクを作るのに適した容器は、透明な容器をおすすめします。透明の方が、発酵の状態がわかるからです。

作り方

次に、細かい作り方を紹介します。

まず、材料を洗います。材料は、可能であれば国産の無農薬の野菜やフルーツの方が良いです。ない場合は、ボールの中に重曹を小さじ一杯入れて、野菜やフルーツをつけましょう。重曹に含まれている成分で農薬が落ちていきます。取り出したら、よくこすって洗いましょう。

次に、野菜を切ります。できるだけ細かく切るようにしましょう。フルーツは皮のまま使用します。その後、食材の総重量を測ります。測った重さの1.1倍の砂糖を用意します。容器への入れ方は、砂糖を底に敷いてから材料を入れていきます。その後は、交互に入れていきます。

保管方法は、暖かい場所に置きましょう。人肌の温度くらいが目安です。発酵させるときは、ふたを少し開けたままにします。発酵で発生するガスを逃がしてあげるためです。

半日後、きれいに洗った手でかき混ぜます。その後は、一日二回毎日混ぜるようにします。混ぜるコツとしては、空気に触れさせるように混ぜるのがポイントです。出来上がりの判断は、泡が出てきたら完成です。夏場は1週間、冬場は2週間ほどで出来上がります。完成したものは、冷蔵庫で冷やします。

酵素ドリンクの果物の活用方法

酵素ドリンクに使った果物は、捨てずに再活用する方法があります。そのまま食べたり、クッキーやフルーツケーキの材料として使えます。ヨーグルトに混ぜるのもおすすめです。天日干しをして、ドライフルーツも作れます。

食べるのに飽きてしまった人は、酵素風呂がおすすめです。酵素ドリンクに使った果物などを網に入れお風呂に入れれば簡単酵素風呂の完成です!こうすることで残った食材を無駄にすることなく、すべて使うことができます。

自家製酵素ドリンクの作り方のまとめ

酵素ドリンクは、自宅で簡単に作ることができます。酵素ドリンクの飲み方としては、一日60mlを目安に飲むようにします。食前に飲むのがおすすめです。水や炭酸や牛乳やフルーツジュースなどで割るのがおすすめです。消費の目安は、三週間ほどです。

DanzikiLife編集部

断食(ファスティング)に関するコンテンツを配信するメディア「DanzikiLife」の編集部です!健康的なカラダを手に入れるために役立つ情報を発信していきます。

関連記事