ファスティングで心折れそうになった時にしてほしいこと

ファスティングで心折れそうになった時にしてほしいこと

ダイエットのためにファスティングを始めるなら、挫折しないための対策を知っておきましょう。食事を制限すると、ときにはつらく感じることもあります。そんなときに対処法を知っておくと、しっかりと乗り切ることができるのです。

ファスティングの目標を思い出す

ファスティングの目標を思い出す
目指すべき目標がわからないと、食事を減らすのは苦しいものです。ファスティングでは、目の前のことに集中しすぎることもあるので、注意してください。心が折れそうなときは、ファスティングの先にあるものを見つめてみましょう。

例えば、痩せて好きな服を着ている自分です。継続がつらくても、好きなものを手に入れる快感に思いをはせれば、やる気が湧いてきます。

痩せて誰かと交際したいのであれば、デートの想像もおすすめです。楽しい1日を過ごす自分を思い浮かべ、やる気を奮い起こしましょう。

こうした対策を実行するなら、最初の目標設定が重要になってきます。ファスティングを始める前に、しっかりと目指すべきゴールを設定すべきです。

それを思い出すことで、たとえ苦しい時期があったとしても、乗り越えられるようになります。ただし、適当に決めるのはやめてください。

漠然としたものでは、あとから思い出しても、うまく効果が得られません。ただ体重を決めるだけでなく、具体的な目標を考えましょう。

それが、好きな服やデートです。数字を目指してがんばるより、ファスティング後の楽しいことを想像した方が効果的です。なるべく身近な出来事を思い浮かべ、苦しさを跳ねのけましょう。

体重を気にしない

体重を気にしない
心が折れそうなほど悩んでいるときは、体重のチェックがマイナスになる場合もあります。わずかな変化に落胆や焦りを感じ、さらに追いつめられてしまうのです。

この問題を解決するためには、あえて体重を無視しましょう。通常であれば、変化をよく見ながら行いますが、挫折しそうなときは例外です。

効果が出ていることを信じ、とにかくやるべきことに取り組みましょう。これは、ネガティブな思考を防ぐために大切なことです。後ろ向きに考えがちな人は、ファスティングで失敗しやすくなります。

成功する人はポジティブな思考であることが多く、できることを強く信じるものです。とはいえ、ネガティブな人が急に前向きな人間になるのは、かなり無理があります。

そんなときは、せめて体重の確認を中止し、精神的に追い詰められる要素を削ってください。本来ならやるべきことを省き、適度に手を抜くのも、挫折回避のコツのひとつです。

几帳面な人は、「やらなければ」と思いつめたりしますが、柔軟に考えた方が楽になります。まずは気持ちを落ち着けて、継続を目指しましょう。

服を使って痩せ具合をチェックする

服を使って痩せ具合をチェックする
モチベーションを保つには、効果をはっきりと感じることも大切です。努力した結果が明確になれば、やる気につながります。そのためには、服をうまく活用しましょう。

ウエストやお尻に余裕ができていれば、痩せていることが実感できます。最初はきつかった服がすんなり入るようになると、とても嬉しいものです。

どうしても入らなかったズボンを思いがけず履けたときなどは、1日気分が良かったりします。その効果を利用し、折れそうな心を支えましょう。

きつめだった服を用意し、毎日挑戦することをおすすめします。もし余裕ができていれば、効果が順調に出ている証拠です。

それがわかると、ファスティングの意欲をさらに高められるのです。がんばった成果を噛みしめながら、食事を減らす苦しさをうまく軽減してください。

気分転換をする

気分転換をする
単純な方法のようですが、ファスティングには精神状態の維持も重要なので、気分転換も効果はあります。ストレスがたまりすぎていると、やる気が削がれてしまうものです。

暗い気持ちのままでは、少しでも苦しく感じることは、なかなか継続できません。前向きな気持ちを維持してこそ、つらい時期を乗り越えられるのです。

そのためには、自分が楽しく感じることを積極的に行ってください。落ち込むようなことがあるなら、一番楽しいことでリフレッシュしましょう。

その方法は、何でも構いません。ストレスを取り除くことができるなら、インドアでもアウトドアでも試してみるべきです。

映画が好きなら、たくさん見て思い切り楽しみましょう。体を動かすことが好きなら、どんどん運動してください。ファスティング中は外出を警戒する人もいますが、無理に我慢せず、たまには出てみましょう。

外出が避けられる理由は、飲食店などの誘惑があるからです。しかし、ドライブなどが趣味の人は、閉じこもりすぎるとストレスを解消できなくなります。

外で遊ぶことが好きなら、適度に外出して気晴らしをしてください。モチベーション維持に大切なことは、楽しみをしっかりと確保することです。

苦しいばかりでは落ち込むことも多くなりますが、気分転換を積極的に行えば大丈夫です。思いつめて挫折しないよう、精神的な負担を軽くしながら痩せていきましょう。

さいごに

ファスティングの苦しさに負けそうなときは、我慢する自分ばかり見つめないでください。目標を思い出したり、体重を意識の外へ出したり、つらさを直視しないことが重要です。それよりも、ポジティブな考えを膨らませることが、解決につながります。

きつい服が入った嬉しさや、ストレスを解消する趣味など、前向きな要素を見つめましょう。それを糧にすれば、挫折を回避し、しっかりと続けることができます。

ファスティング(断食)中にイライラしてきたらやるべきこと3選
ファスティングに挫折しそうになったらやるべきこと

関連記事

  1. ファスティングには味噌汁が最適!5日間の味噌汁ファスティングを紹介

    ファスティングには味噌汁が最適!5日間の味噌汁ファスティングを紹介

  2. ファスティングに挫折しそうになったらやるべきこと!

    ファスティングに挫折しそうになったらやるべきこと!

  3. 2日間断食の効果|見た目や顔の変化は?やり方や回復食などを解説

    2日間断食の効果|見た目や顔の変化は?やり方や回復食などを解説

  4. 妊活にファスティングは効果的?妊活中にファスティングしても大丈夫?

    妊活にファスティングは効果的?妊活中にファスティングしても大丈夫?

  5. 生理中にデトックス効果が得れる理由とよりデトックス効果を高める方法を解説

    生理中にデトックス効果が得れる理由とよりデトックス効果を高める方法を解説

  6. 3日間の断食するとカラダは変わる?「3日間断食」のやり方と効果について

    3日間の断食するとカラダは変わる?「3日間断食」のやり方と効果について