リバウンドしないファスティングとは?ファスティング後の食事方法について

リバウンドしないファスティングとは?ファスティング後の食事方法について

ファスティングとは、断食のことです。断食することでカロリー量を減らして、内臓を休ませたりデトックスすることで体をリセットすることができます。

ただし、ファスティング後はきちんとした回復食を食べなければリバウンドしてしまうため注意が必要です。

ファスティング後の食事が重要

ファスティングすることで、体をリセットすることができますが、重要だと言われているのがその後の回復食です。

ファスティング後は体にとって不必要な物がデトックスされて、クリアになっている状態です。しかし、カロリーを摂取していない状態ですので体が飢餓の状態になっています。いきなり普通の食事を摂ってしまうと胃腸などの内臓にかなり負担がかかってしまう上、脂肪もつきやすくリバウンドしてしまいます。

リバウンドしないためには、ファスティング後の食事に注意することが重要となってくるのです。

一般的にファスティング後の回復食を食べる期間は、短くても3日間以上は設けた方が良いと言われています。ファスティングを行う前には、ファスティングになれるための準備食を食べて過ごす必要があります。回復食も準備食と同じぐらいの期間で行うことで、体の調子を取り戻していくのが理想的です。

ファスティングは断食期間が終わったからと言って終わる物ではなく、回復食で徐々に内臓の調子を取り戻していくということを意識します。
また、回復食が明けたからと言ってアルコールやカフェインなどの内臓に負担がかかるものを避けるのも大切です。

回復食は何を食べれば良いのか?

ファスティング後の回復食は、3日間以上は動物性のものを避けるようにします。断食をした後に肉や魚などの動物性タンパク質を食べると、胃酸の分泌が促されてしまいます。胃酸が増えることで胃粘膜を刺激してしまい、胃痛を引き起こすこともあります。消化に負担がかかってしまうだけではなく、腸環境にとってもあまり良い栄養素ではないため、控えるようにします。

当然、卵や生クリームなどを使ったスイーツなども避けるようにします。スイーツなどの嗜好品は糖分が多いため、血糖値を急上昇させます。そうなると血管にダメージを与えてしまうため避ける方が無難です。

断食後は、急に内臓に負担をかけないように心がけます。固形物などは消化不良を起こしてしまうため、通常の食事に戻すためには内臓の準備体操を行うことがファスティングを成功させるポイントとなります。

内臓の準備体操を行う場合には、消化が良いものを心がけます。おかゆや味噌汁、豆腐や柔らかく煮た野菜などを、しっかりよく噛んで食べていきます。

また、注意したいのが味付けです。スパイスなどは刺激が強いため避けるようにします。マヨネーズなどの濃い調味料はやめて、味噌や少しの塩、ポン酢や醤油などの調味料を使用します。

具体的な回復食の流れとは?

実際に食べるメニューの流れを知っておくと、ファスティングはやりやすくなります。

断食後最低3日間は消化の良いメニューで過ごします。ファスティングが終わってすぐの食事の場合は、重湯から始めます。おかゆは早いため、消化の良い重湯で内臓に負担がかからない水分と糖分を効率よく吸収しましょう。

次の昼食で、おかゆと具なしの味噌汁を食べるようにします。味噌汁はできるだけ薄味にして、塩分が欲しい場合には梅干しを食べるようにします。夕食もおかゆと具なし味噌汁で、内臓を労わります。

2日目は、おかゆと消化の良い野菜を使った具入りの味噌汁や野菜スープがおすすめです。豆腐、きのこ、玉ねぎ、大根などの消化によい野菜を使用することがポイントです。具を小さくして柔らかくした野菜は、しっかりよく噛んで食べます。

2日目の昼食には、おかゆと具入りの味噌汁・野菜スープに加えて、温野菜サラダを取り入れます。固形物に慣れる段階です。温野菜は蒸してもボイルしても良いとされています。おかゆが飽きた場合には、肉類などを使っていないリゾットなどもおすすめです。

夕食には、納豆やひじきの煮物を小鉢で取り入れていきます。納豆やひじきの煮物などを取り入れることで食事らしくなります。

3日目の朝食に、ご飯を食べるようにします。ご飯はできるだけ少量にして、その分具沢山な味噌汁・野菜スープでお腹を満たします。それに加えて冷奴や納豆を食べることがおすすめです。

昼食には内臓の状態も戻りつつあるため、うどんや蕎麦などの麺類が食べられるようになります。揚げ物や動物性タンパク質を除いて、好きな具材を入れて楽しめます。それに加えてサラダも食べるようにします。

3日目の夕食は、動物性タンパク質や揚げ物などを除いたメニューならなんでも良いとされています。野菜炒めなどの、油を使った料理も食べられます。

回復食中も、水やノンカフェインの飲み物をしっかり摂取することが大切です。

回復食で避けるべきもの

回復食によってファスティング後の結果は大きく異なってきます。回復食中に食べてはいけないものもあるため、それを覚えてからファスティングの回復を行うことが大切です。

食べてはいけない避けるべきものとしては、アルコールやコーヒー、揚げ物、バター・チーズなどの乳製品、卵、塩分の強いもの、ドレッシングなどが挙げられます。断食後にいきなりこれらを口にしてしまうと、救急車で運ばれてしまったり、最悪の場合死亡してしまうケースもあります。

できれば、回復食の期間が終わったとしても、しばらくはこれらを食べないようにする方がファスティング効果を高められます。

ファスティングを行う場合、中途半端な知識で行うとリバウンドや体の不調を引き起こしてしまいます。安全にファスティングを行うためには、事前に正しい知識を得るということが大切です。

回復食の期間は、絶食した日数分だけというのが基本となっています。それを考慮してファスティングは行います。

回復食を作るのが自信がない、という場合には回復食の通販を利用するのもおすすめです。通販では、おかゆや野菜スープなどを販売しているため食事を作る手間がなくなります。

ファスティングを成功させるには

ファスティングを成功させるためには、その後の回復期間が重要となってきます。断食後は消化器官が弱っているため、負担をかけないように徐々に慣らしていきます。

赤ちゃんの離乳食のような食事を意識すると、リバウンドを防ぎながら体をリセットできます。

関連記事

  1. これから断食をはじめる方向け!「断食」のときに気をつけるポイント4つ

    これから断食をはじめる方向け!「断食」のときに気をつけるポイント4つ

  2. プチ断食の効果|体重・肌への効果は?手軽なプチ断食の驚くべき効果とは

    プチ断食の効果|体重・肌への効果は?手軽なプチ断食の驚くべき効果とは

  3. プチ断食16時間の効果は?効果的なやり方は?女性もできる?プロテインは飲んでいい?

    プチ断食16時間の効果は?効果的なやり方は?女性もできる?プロテインは飲んでいい?

  4. ヨーグルトファスティングのやり方と効果!

    ヨーグルトファスティングのやり方と効果について

  5. 自宅で気軽に半日プチ断食!やり方は?半日でも効果はある?

    自宅で気軽に半日プチ断食!やり方は?半日でも効果はある?

  6. 簡単!プチ断食のやり方|1日・2日間・3日間のプチ断食について解説

    簡単!プチ断食のやり方|1日・2日間・3日間のプチ断食について解説

【必見】断食初心者におすすめの酵素ドリンク
詳しくはこちら
【必見】断食初心者におすすめの酵素ドリンク
詳しくはこちら